月別一覧: 12月 2016
  • 里のうた
    里のうた
    貞刈 みどり [著]   平岡 浩 [画]
    四季の豊かな自然の営みの中での暮らし 農作業の手触り…… ふるさとの風景に思いを重ねて 戦争、夫のシベリアでの抑留、戦後の困難な生活、決して平穏とばかりは言えない日々を振り返り、身近な自然の小さな営みや子や孫、曾孫への愛情を交え綴った珠玉の随筆集。
    • B5横判 並製/114頁
    • 定価 2160円(本体2000円)
    • ISBN 978-4-87415-993-4 C0095
    • 2016年12月発行
  • 平岡 浩
    1946(昭和21)年、中国東北部(旧満州)で生まれる。福岡市立大楠小学校、福岡市立高宮中学校から当仁中学校卒業。1965年、福岡県立香椎工業高等学校卒業。1981年、日動画廊「第16回昭和会展」出品。1982年、日動画廊「第17回昭和会展」出品、また、動画郎で個展を開催。1987年、第13回日仏現…
  • あの日あの時 思いでカメラ
    あの日あの時 思いでカメラ
    松井 弘治 [著]
    てのひらに感じる重さ、ひんやりとした固い質感、ファインダーの向こうの景色、シャッターを押した瞬間の指の感触、男心をくすぐるデザインと精密な機構。かつてのカメラには、道具としての美しさと魅力が詰まっていた。 1800年代のクラシックカメラから玩具カメラ、スパイカメラ、射撃練習用カメラ、そして現代のデ…
    • A5判 並製/338頁
    • 定価 2916円(本体2700円)
    • ISBN 978-4-87415-992-7 C0072
    • 2016年12月発行
  • 松井 弘治
    昭和11(1936)年4月25日、福岡市博多区呉服町に生まれる。昭和30年、修猷館高等学校卒業。昭和36年、久留米大学医学部卒業。昭和42年、九州大学大学院修了。昭和45年、眼科医院を開業し、現在に至る。「福岡クラシックカメラ愛好会」初代会長。著書に『歴史の町並みを訪ねて』(私家版)、『松井弘治作品…
  • アジアゲートウェイとしてのFUKUOKA
    アジアゲートウェイとしてのFUKUOKA
    西日本シティ銀行 [編著]   九州経済調査協会 [編著]
    地方創生の取り組み グローバル化の進展により、ヒト・モノの流れが活発化し、空港や港、駅などのゲートウェイ機能の重要性が高まっている。このゲートウェイ機能はどのように形成され、どんな役割を果たしてきたのか。過去と今を知ることで、将来の福岡の町を展望する。
    • A5判 並製/208頁
    • 定価 1620円(本体1500円)
    • ISBN 978-4-87415-991-0 C0036
    • 2016年12月発行
  • ふくおか歴史の山歩き
    ふくおか歴史の山歩き
    江上 智恵 [著]
    歴史を知れば山歩きはもっと楽しい 大陸からの脅威に対峙した1300年前の山城、最澄や空海の伝説を秘めた寺、鎌倉期に海を渡ってきた石塔、激しい戦いの舞台となった戦国時代の城…。山の中には長い歴史の痕跡が重層的に残っている。30山の歴史と見どころを案内。
    • A5判 並製/144頁
    • 定価 1944円(本体1800円)
    • ISBN 978-4-87415-987-3 C0021
    • 2016年12月発行
  • 江上 智恵
    1966年福岡市生まれ。熊本県濟々黌高等学校、日本大学文理学部を卒業。専門は日本考古学。第一法規出版株式会社、東京都葛飾区学芸員を経て現在久山町教育委員会に勤務。国史跡首羅山遺跡の調査を担当、文化財を通した生きがいづくりに力を入れている。著書に『アクロス福岡文化誌10 福岡歴史散歩』(共著、海鳥社)…
  • 上山満之進の思想と行動 増補改訂版
    上山満之進の思想と行動 増補改訂版
    児玉 識 [著]   安渓 遊地 [著]
    「多数無名の常民」こそが歴史をつくる 上山満之進(かみやま・みつのしん)明治2年、周防国佐波郡江泊村(現山口県防府市牟礼築留)に生まれる。台湾総督、貴族院議員などを務め、立憲政治の尊重を訴え、軍部の政治への介入を弾劾。さらに、防府市立防府図書館の前身「三哲文庫」を設立するなど、その行動と思想を探り…
    • A5判 並製/176頁
    • 定価 1620円(本体1500円)
    • ISBN 978-4-87415-985-9 C0023
    • 2016年11月発行
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします