工藤 瀞也

クドウ・セイヤ
書影
タイトル
税込み
¥0円
本体価格

  • 筑豊炭田に生きた人々 近代編
    筑豊炭田に生きた人々 近代編
    工藤 瀞也 [著]
    「炭鉱」とは何だったのか。筑豊からヤマの灯が消えて三十余年。かつて石炭は、産炭地としての地域形成を促し、北九州工業地帯の発展を支え、日本の近代化の推進力となった。筑豊地域社会の歩みとそこで培われた独特の風土と文化を、庶民生活の観点から問い直す試み。「本書は、『産炭地筑豊』の意味をその〈形成、発展〉の…
    • 四六判 並製/230頁
    • 定価 1728円(本体1,600円)
    • ISBN 978-4-87415-697-1 C0095
    • 2008年10月発行
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします