甲斐 素純

カイ・モトズミ
書影
タイトル
税込み
¥0円
本体価格

1952年、大分県生まれ。皇學館大学文学部国史学科卒業。現在、宝八幡宮宮司、行政相談委員、玖珠郡史談会事務局長。
編著:『大分県の不思議事典』(新人物往来社)、『大分県謎解き散歩』(中経出版)ほか
共著:『日本歴史地名体系-大分県の地名』(平凡社)、『黒田官兵衛のすべて』(中経出版)、『時空を超えて-森藩誕生四〇〇年』(西日本新聞社)、『九重町誌』(九重町)、『玖珠町史』(玖珠町)、『由布岳』(海鳥社)ほか


  • 伊勢参宮日記を読む
    伊勢参宮日記を読む
    甲斐 素純 [著]
    「お蔭参り」や「抜け参り」など、江戸期に爆発的に増えた伊勢への参詣者。彼らはどのように伊勢に参ったのだろうか。北部九州に残る参宮日記を繙き、参宮の旅程、立ち寄った場所など、当時の旅の様子を明らかにする。 (前略)実際の旅姿はどのようなものであったのかは、多様であったと想定するのが実態にかなって…
    • 四六判 並製/240頁
    • 定価 1944円(本体1,800円)
    • ISBN 978-4-87415-934-7 C0021
    • 2015年2月発行
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします