児玉 識

コダマ・シキ
書影
タイトル
税込み
¥0円
本体価格

1933年、山口県に生まれる。1960年、京都大学大学院修士課程文学研究科修了。下松高校、豊浦高校、宇部工業高専、水産大学校勤務を経て、1998年より龍谷大学文学部教授、2002年、同定年退職。文学博士。現在、山口県防府市富海円通寺住職。
著書に『加藤辨三郎と仏教 科学と経営のバックボーン』(法蔵館、2014年)、『近世真宗と地域社会』(法蔵館、2005年)、『近世真宗の展開過程』(吉川弘文館、1976年)、『維新の先覚・月性の研究』(マツノ書店、1979年、共著)など。


  • 上山満之進の思想と行動 増補改訂版
    上山満之進の思想と行動 増補改訂版
    児玉 識 [著]  安渓 遊地 [著]
    「多数無名の常民」こそが歴史をつくる 上山満之進(かみやま・みつのしん)明治2年、周防国佐波郡江泊村(現山口県防府市牟礼築留)に生まれる。台湾総督、貴族院議員などを務め、立憲政治の尊重を訴え、軍部の政治への介入を弾劾。さらに、防府市立防府図書館の前身「三哲文庫」を設立するなど、その行動と思想を探り…
    • A5判 並製/176頁
    • 定価 1620円(本体1,500円)
    • ISBN 978-4-87415-985-9 C0023
    • 2016年11月発行
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします