菊畑茂久馬と〈物〉語るオブジェ

雄弁なオブジェたち反芸術の旗手として活躍した菊畑茂久馬が、「沈黙の時代」に制作した夥しいオブジェ群。この「新たな自然」であり「原器」にして「夜の時間の産物」そして「玩戯」でもある現存するオブジェ100点を収録。制作の〈根底〉と対峙する。「ある日ひょんなことから内部に転がり込んで来た物たちが、肉体の被膜をはぎとってひらひらと飛び立っていく。物の怪たちよ、その火柱を吹き上げる記憶にくらべて、なんと矮小な作品たちよ、制作よ、発表よ」(『戦後美術の原質』より)

著者略歴
福岡県立美術館
フクオカケンリツビジュツカン

菊畑茂久馬と〈物〉語るオブジェ

B5判 並製/193頁
定価 2376円(本体2,200円)
ISBN 978-4-87415-656-8
C0071
2007年11月発行

キーワード:
カテゴリー: 美術
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします