ジャンル:歴史・民俗一覧
  • 時代を開いた唐津の先人
    時代を開いた唐津の先人
    宮島 清一 [著]
    日本近代建築の父・辰野金吾、早稲田大学の基礎を築いた天野為之、唐津銀行創立者・大島小太郎ら、大きな業績を残した人々。 そして、この地で彼らに多大な影響を与えた高橋是清。 さらに、天才電気工学者・志田林三郎や日本最初の女性理学士・黒田チカ、東京女子医学校創立者・吉岡荒太ら 学問や教育、産業、社会…
    • A5判 並製/398頁
    • 定価 2750円(本体2500円)
    • ISBN 978-4-86656-048-9 C0095
    • 2019年10月発行
  • 石川啄木の過程
    石川啄木の過程
    新木 安利 [著]
    「天才」意識を持ち、文学で身をたてることに疾走する啄木。その「挫折」、そして、貧困のなかで、自己を改善し、自己の哲学を実行せんとする[真の詩人]をめざした啄木の生の軌跡を作品を通して読む。
    • 四六判 並製/384頁
    • 定価 2200円(本体2000円)
    • ISBN 978-4-86656-058-8 C0095
    • 2019年9月発行
  • 九州の島めぐり
    九州の島めぐり
    吉村 靖徳 [著]
    青い空と海、白い砂浜のビーチ、漁村に残るレトロな家並み、歴史ある神社や教会群……。 四方を海に囲まれた島は、そのどれもが個性的。 58島の見どころを美しい写真とともに紹介
    • A5判 並製/168頁
    • 定価 1980円(本体1800円)
    • ISBN 978-4-86656-054-0 C0026
    • 2019年7月発行
  • 万葉集 巻二十 防人歌
    万葉集 巻二十 防人歌
    植木 久一 [著]
    妻子や父母、恋人、故郷から切り離され、沿岸防衛のために九州へと赴く東国の人々の、哀別の情、郷愁、望郷の念、旅の苦しさ、苦悩を、方言を用いて素朴で素直に謡った防人歌。それから1260年後の現在に開催された同窓会で、防人一人ひとりが歌に込めた思いを司会の大伴家持に語ります。
    • A5判 上製/314頁
    • 定価 1980円(本体1800円)
    • ISBN 978-4-86656-053-3 C0095
    • 2019年7月発行
  • 鯨々 創刊号
    鯨々 創刊号
    「鯨々」同人会 [編]
    詩人・文芸評論家の北川透と、詩人渡辺玄英らが中心となって結成された「鯨々同人会」による同人誌。 「これまでの〈もの書き〉としてのわが生涯は、同人誌活動によってこそ、支えられてきた」とする北川「西日本新聞」2019年9月8日)と、若手の詩人らが生みだす新しい詩と評論への挑戦。 【訂正とお詫び】…
    • A5判 並製/68頁
    • 定価 880円(本体800円)
    • ISBN 978-4-86656-055-7 C0095
    • 2019年7月発行
  • 北九州歴史散歩【豊前編】
    北九州歴史散歩【豊前編】
    北九州市の文化財を守る会 [編]
    門司港駅や小倉城から街角の小さなお堂まで 門司区と小倉北・南区を58のエリアに分け、各地の史跡を丹念に紹介。普段歩いている路地、いつも渡る川、何気なく眺めているあの山にも……。少し足を止めると、豊な歴史の痕跡が見えてくる。
    • A4判 並製/168頁
    • 定価 1980円(本体1800円)
    • ISBN 978-4-86656-050-2 C0021
    • 2019年5月発行
  • 杉森此馬英国留学日記 明治37年1月1日 ― 12月31日
    杉森此馬英国留学日記 明治37年1月1日 ― 12月31日
    安部 規子 [編]
    広島高等師範学校英語科教授で、英語教員養成の基礎をつくった杉森此馬の留学日記を読む。 日露戦争勃発直前の緊迫した航海の様子,航路の地理的な特徴を記し,オックスフォード大学で英語音声学を学び、英語の個人レッスンを受け,シェイクスピアの作品を始め多くの本を読み,平田禿木や鈴木禎次など留学生の交流,…
    • A4判 上製/286頁
    • 定価 4950円(本体4500円)
    • ISBN 978-4-86656-051-9 C0095
    • 2019年5月発行
  • 鯨鯢と呼ばれた男
    鯨鯢と呼ばれた男
    東 茂美 [著]
    天下を狙う鯨鯢(くじら)と揶揄された道真の広漠たる知の海淵 無心に学問の道を歩みながら文章博士として学閥抗争をくぐり抜け、ついには宇多天皇の寵臣となり怒涛の出世を果たした菅原道真。その栄華と失脚、そして死後タタリ神から天満天神となり、唐へと海を渡ったとされる道真の生涯を詩歌とともに丹念に繙き、より…
    • A5判 並製/336頁
    • 定価 2530円(本体2300円)
    • ISBN 978-4-86656-046-5 C0095
    • 2019年4月発行
  • 佐賀藩の医学史
    佐賀藩の医学史
    青木 歳幸 [著]
    佐賀藩は科学技術だけではなく、医学でも日本の近代化をリードし続けた。 日本の西洋医学の源流ともいえるカスパル流外科を伝えた日本人の一人・河口良庵(唐津市出身)。シーボルトからオランダ医学を学び、奥医師にも任ぜられた伊東玄朴(神埼市出身)。ドイツ医学の導入を決定づけ、日本の近代医学制度の創設に貢献。…
    • ISBN 978-4-86656-047-2 C0021
    • 2019年3月発行
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合送料は、税別合計価格5000円未満は一律300円、5000円以上は無料にてお送りいたします。