短編小説の魅力

『文芸戦線』『戦旗』を中心に

鋭い切り口で人間や社会の一断面を鮮やかに描き出す短編小説。時の支配権力をも揺さぶったプロレタリア文学から15編、そして敗戦後の1950年代の作品を中心に15編を紹介。濃密な文学世界へ案内する。

著者略歴
山口 守圀
ヤマグチ・モリクニ
1932年生まれ。1953年、同人誌『文学世代』同人。1970年、同人誌『渦流』同人。日本民主主義文学会会員。著書「文学に見る反戦と抵抗 私のプロレタリア作品案内」(2001年)、「文学運動と黒島伝治」(2004年)、「短編小説の魅力」(2005年、いずれも海鳥社)

短編小説の魅力

四六判 上製/204頁
定価 1404円(本体1,300円)
ISBN 978-4-87415-519-6
C0095
2005年4月発行

キーワード:
カテゴリー: 文学・記録
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします