ジャンル:文学・記録一覧
  • ほつほつたどる
    ほつほつたどる
    有水 洋子 [文]   金澤 啓 [写真]
    移りゆく季節と日々の出来事に亡き夫への思いを重ねて。 友人との交流、娘の就職、結婚、孫の誕生、そして夫と歩んだ懐かしい日々……。 淡々とした日々の暮らしの中で起こる出来事を写真と文章で鮮やかに綴る珠玉のエッセイ集。
    • 小スキラ判 小口折り/112頁
    • ISBN 978-4-86656-030-4 C0095
    • 2018年7月発行
  • 芝居小屋から
    芝居小屋から
    武田 政子 [著]   狩野 啓子 [編]   岩井 眞實 [編]
    芝居小屋からみた博多演劇史。 3代続いた芝居どこ(芝居小屋)との関わりを通し、明治・大正・昭和の博多の演劇を綴る。芝居小屋の空気、興行の仕方、劇場の変遷、芝居の面白さ……。時代と芝居を切り結ぶ貴重な証言。
    • 四六判 上製/246頁
    • 定価 2700円(本体2500円)
    • ISBN 978-4-86656-028-1 C0095
    • 2018年6月発行
  • 日本精神
    日本精神
    戎 義俊 [著]
    巨人となった中国、発展する東南アジア、揺れるアメリカなどの国際情勢の中で、日本と台湾が何を拠り所に生きるべきかを示唆する。 本書で取り上げている台湾の近代化に貢献した人々に共通することは、日本精神を体現した人物ということです。その日本精神は今でも台湾に息づいています。台湾と日本、両国民が持ち合…
    • 四六判 並製/232頁
    • 定価 1728円(本体1600円)
    • ISBN 978-4-86656-029-8 C0095
    • 2018年6月発行
  • 時知りてこそ
    時知りてこそ
    井上 茂 [著]
    明治の末、北九州市に生まれた松永昇。日本を代表する企業・ヤクルトの創業者である。いち早く予防医学に着目し、健康に寄与する食品の普及を追求。フランチャイズ方式の導入や女性の力の活用など、時代を見る確かな目で事業を拡大、退陣後も病に倒れるまで夢の実現を目指した。これまで語られることがなかった彼の成功と挫…
    • 四六判 並製/206頁
    • 定価 1836円(本体1700円)
    • ISBN 978-4-86656-021-2 C0095
    • 2018年2月発行
  • 道草の詩
    道草の詩
    金澤 啓 [著]
    道草ばかりの人生で出会った多くの人たち 彼らとの共存の日々を、素直な思いをのせて紡ぐ 他人ばかりを慮ってきた自分に不都合な人生。人間模様の舞台で日々繰り広げられるドラマは共感、失望、希望、羨望と、人生にさまざまな彩りと影を落とした。たのしい思い出も、つらい記憶も、すべての出会いに感謝を込めて…
    • 小スキラ判 並/132頁
    • 定価 2160円(本体2000円)
    • ISBN 978-4-86656-017-5 C0095
    • 2017年12月発行
  • 国東半島物語
    国東半島物語
    通正 知秀 [著]
    仏の里には不朽なる物語がある。”説話”を通し、祈りと信心が千年の時を超えて残る故郷を案内する
    • 四六判 並製/264頁
    • 定価 1836円(本体1700円)
    • ISBN 978-4-86656-013-7 C0095
    • 2017年9月発行
  • 我、市長選に挑戦す
    我、市長選に挑戦す
    小宮 学 [著]
     私は、飯塚市で発生した賭けマージャン事件による市長の辞任に伴う飯塚市長選に出馬した。  私の立候補理由は、賭けマージャン事件の全容を解明することにあり、私の所信は、飯塚市民の暮らしを第一とする飯塚市政を実現することにあった。  選挙結果は、次のとおりだった。  当 26,320 片峯 誠(6…
    • A5判 並製/88頁
    • 定価 540円(本体500円)
    • ISBN 978-4-86656-009-0 C0036
    • 2017年8月発行
  • 田中正造と松下竜一
    田中正造と松下竜一
    新木 安利 [著]
    足尾銅山鉱毒事件、豊前環境権裁判……。〈民衆の敵〉とみなされながら、虚偽の繁栄を逆照射した2人の生き方を探る。 松下さんは豊前地方に住む人なら誰でも知っている「いのちき」ということを実践した人だと思う。清貧の思想と言うより、清貧の現実を、主張を枉げず、同調圧力に屈せず、人間の低みを生きぬいた人…
    • 四六判 並製/438頁
    • 定価 2700円(本体2500円)
    • ISBN 978-4-86656-002-1 C0095
    • 2017年3月発行
  • 天主堂二人の工匠
    天主堂二人の工匠
    示車 右甫 [著]
    天主堂を手がけた二人の建築家の生涯に迫る 大浦天主堂やグラバー邸を建設し、高島炭坑や端島の開発にも関わった小山秀之進。青砂ヶ浦教会をはじめ、浦上天主堂など、多くの天主堂を手がけた鉄川与助。日本の文化遺産に大きな足跡を残した二人の生涯を描く歴史小説。
    • 四六判 上製/280頁
    • 定価 1944円(本体1800円)
    • ISBN 978-4-87415-990-3 C0093
    • 2016年12月発行
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合送料は、税別合計価格5000円未満は一律300円、5000円以上は無料にてお送りいたします。