二十世紀・日本の歩み

対話でつづる

歴史は「循環」である明治維新、それに昭和の敗戦-歴史上、日本の国は実質的に二度倒産している。栄光ある悔いなき21世紀を築くために、20世紀に日本が歩んだ道を対話形式で回顧し、検証する。「あとがき」よりゼロからスタートして六十余年、紆余曲折はあったが、日本国は世界の経済大国として評価・処遇されるほどになった。今また国家財政は国債残高七百兆円を超え、地方財政もまた膨大な地方債処理に苦慮している。さあ、これからどうするか、どうなるのか。二十世紀の歩みをきちんと回顧し、栄光ある悔いなき二十一世紀を築く歩みを続けたいものだ。

著者略歴
南尋 宏史
ミナミヒロ・ヒロシ

二十世紀・日本の歩み

A5判 上製/296頁
定価 3240円(本体3,000円)
ISBN 978-4-87415-638-4
C0095
2007年8月発行

キーワード:
カテゴリー: 社会
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします