和田 博美

ワダ・ヒロミ
書影
タイトル
税込み
¥0円
本体価格

昭和12年鹿児島県生まれ。大分県臼杵高校卒業後、昭和30年西鉄ライオンズに入団。翌31年に頭角を現し、同年から始まった日本シリーズ3連覇に貢献。稲生和久投手との黄金バッテリーで知られ、全盛期のライオンズで正捕手を務めた。昭和47年、西鉄ライオンズの球団譲渡とともに現役引退。オールスターゲーム出場5回、37年には自己最高打率3割2分5厘を記録するなど、俊足好打の保守として活躍。完全試合の保守を2度。ノーヒットノーラン時の保守を2度務めた。現役引退後もライオンズ一筋で平成4年までコーチ・二軍監督を歴任し、秋山幸二など西武ライオンズ全盛期の選手たちを育てた。その後も阪神の二軍監督などを歴任し、現在も社会人野球の顧問を務める。


  • 西鉄ライオンズとその時代
    西鉄ライオンズとその時代
    益田 啓一郎 [編]  和田 博美 [監修]
    野球が、町が、人が熱かったころ。西日本鉄道の秘蔵写真で見る野武士集団の軌跡。福岡を本拠に5度のリーグ優勝、日本シリーズ3連覇、そして昭和33年は3連敗から奇跡の逆転4連勝を成し遂げ、「日本プロ野球史上最強軍団」と言われた西鉄ライオンズ。さまざまな伝説を生み、いまも語り継がれるその魅力を、当時のエネル…
    • B5判 並製/159頁
    • 定価 2700円(本体2,500円)
    • ISBN 978-4-87415-719-0 C0075
    • 2009年4月発行
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします