長崎の教会群

キリスト教の伝来から弾圧、復活までを物語るものとして世界遺産暫定リストに登録された「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」。 西海の豊かな自然、西洋と東洋の建築技術が融合した教会、その背後にある祈りの歴史をも切り取った写真集。世界遺産暫定リストの構成資産を中心に34の教会堂を写し取る。
著者略歴
木下 陽一
キノシタ・ヨウイチ
1932年、福岡市天神で生まれる。福岡大学商学部卒業。写真家。社団法人福岡県美術協会理事を4期12年間務める。NHK福岡文化センター写真講座「木下陽一の写真塾」講師。アクロス福岡文化誌編纂委員(表紙カバーなどの写真を担当)

長崎の教会群

A4変形判 並製/144頁
定価 3240円(本体3,000円)
ISBN 978-4-87415-896-8
C0072
2013年11月発行

キーワード:
カテゴリー: 美術
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします