大分の近代美術

明治・大正・昭和

近代化の過程で、伝統美術の中に西欧文明はいかに受容されてきたのか。幕末・明治期以降、現在に至るまでの美術家たちの動向、様々な展覧会、美術教育の歩みなどを詳細に跡づけ、大分の近代美術の特質を探った労作。

著者略歴
後藤 龍二
ゴトウ・リュウジ

大分の近代美術

四六判 並製/310頁
定価 3240円(本体3,000円)
ISBN 978-4-87415-028-3
C0071
1992年10月発行

キーワード:
カテゴリー: 美術
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします