機關 16

「集団蜘蛛」と森山安英特集―美術をめぐる思想と評論

雑誌『機關』は、1958年に高校教師を中心とした同人誌『形象』として出発。1964年発行の9号より休刊。1980年に今泉省彦・菊畑茂久馬の責任編集により復刊された(以後14号までの発行所=ゆー・コピア)。60年安保をはさむ8カ年の間に先鋭的な画家たちの論陣の拠点となった10号までの同人の編集理念を引き継ぎ、時代と「表現の思想」との関わりをひたすら追求していこうとする雑誌である。(15号より海鳥社発行)

著者略歴
機關編集委員会
キカンヘンシュウイインカイ
目次

「集団蜘蛛」のこと■今泉省彦
【対談】蜘蛛の巣の上で■森山安英/菊畑茂久馬
森山安英自筆年譜
資料1・肉体の言語の間で■働正
資料2・権力に拮抗する私的DISCOVER JAPAN または「観光」への誘い■森山安英
資料3・集団蜘蛛その崇高な愚行■黒田雷児
資料4・「集団蜘蛛」年譜■黒田雷児編


機關 16

B5判 並製/96頁
定価 1836円(本体1,700円)
ISBN 978-4-87415-231-7
C0071
1999年8月発行

キーワード:
カテゴリー: 美術
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします