下関から見た福岡・博多の鯨産業文化史

福岡・博多を近代捕鯨の発祥地・関門地域と対比し、鯨産業の中での位置づけを追究する。そして、福岡県香春町で発達した鯨食文化を調査、その位相を探る。さらに、昭和30年代の捕鯨労組資料をもとに捕鯨従事者の待遇を検証する。鯨文化を多面的に見た意欲的論考。

著者略歴
岸本 充弘
キシモト・ミツヒロ

下関から見た福岡・博多の鯨産業文化史

A5判 並製/80頁
定価 1080円(本体1,000円)
ISBN 978-4-87415-814-2
C0062
2011年4月発行

キーワード:
カテゴリー: 歴史・民俗
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします