「倭人伝」を読む

消えた点と線

『三国志』の外夷伝は、魏の防衛白書であった-著者・陳寿の簡潔な記述ゆえに現在、さまざまに解釈が分かれる魏使の旅程を、三世紀の中国の共通認識に立って読み直し、邪馬台国への新たな道を開く。

著者略歴
生野 眞好
ショウノ・マサヨシ

「倭人伝」を読む

四六判 並製/222頁
定価 1728円(本体1,600円)
ISBN 978-4-87415-269-0
C0021
1999年5月発行

キーワード:
カテゴリー: 歴史・民俗
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします