海鳥ブックス 15

邪馬台国紀行

邪馬台国の所在を吉野ケ里を含む筑後川北岸としてきた著者が、魏の使が来た道。韓国・対馬・壱岐・松浦・唐津そして糸島・福岡を歩き、文献・民俗・考古資料を駆使し、邪馬台国をめぐる論議にあらたな方向性を示す。

著者略歴
奥野 正男
オクノ・マサオ

邪馬台国紀行

四六判 並製/260頁
定価 1782円(本体1,650円)
ISBN 978-4-87415-068-9
C0021
1993年12月発行

キーワード: ,
カテゴリー: 海鳥ブックス
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします