「花のいのち」殺人事件

昭和5年に起きた心中事件。男は生き残りカフェの女給・花ちゃんだけが死んだ。これは本当に心中事件だったのか?探偵・林芙美子が事件の真相を暴く!

著者略歴
宮田 俊行
ミヤタ・トシユキ
1957年、鹿児島県生まれ。早稲田大学法学部、京都造形芸術大学文芸コース卒業。地元紙デスクを経て、2011年3月、執筆・編集の象鯨舎を起業。
目次

プロローグ
第一章 花と園
第二章 花と葉
第三章 オダサク
第四章 風も吹く、雲も光る
エピローグ


「花のいのち」殺人事件

四六判 上製/220頁
定価 1836円(本体1,700円)
ISBN 978-4-87415-825-8
C0093
2011年10月発行

キーワード:
カテゴリー: 文学・記録
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします