池の金魚 6

花と天然

唱歌や和歌にまつわるエピソード、漱石の推挙により世に出た「銀の匙」の中勘助、その兄である九大医学部教授中金一の晩年、40年前のボストンでの自炊生活など、楽しいこと、嬉しいこと、哀しいこと。冴え渡る随想の妙。

著者略歴
岡部 信彦
オカベ・ノブヒコ

花と天然

四六判 並製/286頁
定価 1944円(本体1,800円)
ISBN 978-4-87415-220-1
C0095
1998年5月発行

キーワード:
カテゴリー: 文学・記録
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします