40歳すぎたら考えたい 快適な老後のための7つのヒント

確実にやってくる老後を快適に。心と身体の変化に向き合い、活き活きとした高齢者になるための7つの法則。老後の資金計画を考える、楽しい老後をイメージするなど、ワークシートをおりまぜて具体的にその方法を紹介する。

著者略歴
秋月 枝利子
アキヅキ・エリコ
福岡県に生まれる。フードサービス業、人材派遣業の営業、教育担当を経て社員教育コンサルタントになる。「良い仕事は良い人生につながる」をモットーに、接遇教育、ホスピタリティ教育、管理者教育など幅広い人材育成を実施する。著書に『40歳を過ぎたら考えたい 快適な老後のための7つのヒント』海鳥社、2002年『ユニバーサルサービス検定試験テキスト』(ホスピタリティの定義、ユニバーサルデザイン、ユニバーサルサービスの実践を執筆)社団法人公開経営指導協会(共著)がある。現在、有限会社秋月オフィス代表取締役。

40歳すぎたら考えたい 快適な老後のための7つのヒント

A5判 並製/280頁
定価 1749円(本体1,619円)
ISBN 978-4-87415-391-8
C0036
2002年5月発行

キーワード:
カテゴリー: 文学・記録
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします