京築の文学風土

村上仏山、末松謙澄、吉田学軒、堺利彦、葉山嘉樹、里村欣三、小宮豊隆、竹下しづの女。多彩な思潮と文学作品を生みだしてきた京築地域。美夜古人(みやこびと)の文学へ賭けた想いとその系譜を追った労作。

著者略歴
城戸 淳一
キド・ジュンイチ

京築の文学風土

四六判 上製/240頁
定価 1944円(本体1,800円)
ISBN 978-4-87415-433-5
C0095
2003年3月発行

キーワード:
カテゴリー: 文学・記録
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします