阿修羅の女

昭和35年、筑豊から名古屋に集団就職、そして、東京・大阪と流転する少女。幸せを求めながら、時代に取り残されたかのように、決して幸せな人生を掴むことの出来ないひとりの女性の愛と成長を描いた長編小説。

著者略歴
石内 野太郎
イシウチ・ヤタロウ

阿修羅の女

A5判 並製/268頁
定価 2160円(本体2,000円)
ISBN 978-4-87415-523-3
C0093
2005年9月発行

キーワード:
カテゴリー: 文学・記録
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします