自然誌 香春岳

三峰からなる独特の山容を持つ香春岳。南北3.5キロ、東西約2キロ、周囲約9キロの小さな山ながら日本最大級のイワシデ群落をはじめ、石灰岩特有の好石灰植物や、その他の希少植物などその数、1200種にも及ぶ。この山に魅せられ半世紀、多年の研究の集大成。
著者略歴
熊谷 信孝
クマガエ・ノブタカ
1936年、福岡県田川郡福智町(旧赤池町)上野に生まれる。1960年、岡山大学理学部生物学科卒業。1962〜1997年、福岡県立田川高等学校教諭。
福岡県環境教育アドバイザー、日本自然保護協会自然観察指導員、KBC水と緑の委員会委員、福智町文化財専門委員、香春道草の会顧問
1997年、福岡県教育文化功労者表彰
2016年、平成28年「みどりの日」自然環境功労環境大臣表彰
著書『貫・福地山地の自然と植物』『英彦山・犬ヶ岳山地の自然と植物』など多数。

自然誌 香春岳

A5判 上製/232頁
定価 4320円(本体4,000円)
ISBN 978-4-87415-975-0
C0645
2016年4月発行

キーワード:
カテゴリー: 医学・理工
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします