エントロピー批判

1865年、カルノーサイクルを基礎に、クラウジウスのエントロピー概念で確立された熱力学。その熱力学の常識を覆し、新たな構築をめざす。カルノーサイクルは、果たして必要なのか!?

著者略歴
江頭 準一
エトウ・ジュンイチ

エントロピー批判

A5判 並製/160頁
定価 2880円(本体2,667円)
ISBN 978-4-87415-381-9
C0042
2001年3月発行

キーワード:
カテゴリー: 医学・理工
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします