中野 秀人

ナカノ・ヒデト
書影
タイトル
税込み
¥0円
本体価格

1898年5月17日福岡市西区(現・中央区今川)生。1920年「第四階級の文学」でいち早く労働者文学を定義して名を知らせる。22年朝日新聞の記者となり(のち退社)、同年より「詩聖」に詩評を連載して既成詩壇を縦横に批判し、萩原朔太郎とも論争を繰り広げた。戦時下にも「エクリバン」を発行したり、花田清輝と<文化再出発の会>を組織したりして、旺盛な活動を継続する。戦後は<新日本文学会>に所属、「新日本文学」等にもサークル詩評を連載して、労働者文学との併走を続けた。1966年5月13日逝去。中野正剛は実兄。単著に『聖歌隊』(帝国教育会出版部、1938年7月)『黄色い虹』(童話春秋社、1939年8月)『中野秀人散文自選集』(文化再出発の会、1941年12月)『中野秀人画集/画論』(文化再出発の会、1942年)『精霊の家』(真善美社、1948年1月)『中野秀人全詩集』(思潮社、1968年5月)がある。


  • 中野秀人作品集
    中野秀人作品集
    中野 秀人 [著]
    1920年、22歳。「第四階級の文学」を発表、労働者文学を定義し、批評家として出発。以後、詩、小説、評論を発表。画家として、出版家としても活躍した中野秀人の代表作を収録する。秀人は政治家中野正剛の弟。
    • 四六判 並製/300頁
    • 定価 1944円(本体1,800円)
    • ISBN 978-4-87415-937-8 C0095
    • 2015年3月発行
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします