絵描きは駆ける

福岡からサンフランシスコ、そしてパリへ
桜井孝身と歩んだ道
1969年、九州派のリーダー桜井孝身と出会う、新しい環境を求めサンフランシスコへ。さらにパリに。30年のフランスでの作家活動など、桜井孝身と共に描き、生きてきた50年に及ぶ絵画人生を綴る。

私は、桜井と一九六九年から半世紀にわたり、画家としての生活を、ともに生きてまいりました。
 そして一九七三年、私たちは次なる地・フランスへと活動の場を移し、二〇〇五年に日本に帰国するまでの三十二年間を彼の地で過ごしました。
 こうして私たちは社会に必要な絵画を生み出すため、福岡から世界へと行動範囲を広げながら闘ってきました。半世紀にわたり、画家生活と文化活動だけに人生の大半の時間を費やしてきたのです。その軌跡として私の手元には、二人がこれまでに生み出した多くの作品が存在しています。
 この度、中村順子の個人史として、これまでの歩みを書き残すことにしました。
(本書「はじめに」より)
著者略歴
中村 順子
ナカムラ・ジュンコ
1946年、福岡県宗像市に生まれる。1969年、福岡教育大学美術科卒業。1970年、渡米。1971年、コンニャク・レボルーション・アート/1972年、サンフランシスコ市コミュニティセンター壁画制作/1973年3月、アメリカから帰国。1973年12月、フランス・パリへ。1977年、フェスティバル、ジャポン出展、シャトネイーマラブリー市(フランス)/1978年、ルーヴァン大学招待展(ベルギー)/1979年、個展(ギャラリーRa、・パリ)/1981年、個展(ギャルリーヴィヴァン・東京)/1983年、個展(ギャラリーランベール・パリ)。その後、福岡、東京、宗像などで個展を開催する一方、1987年、1988年、サロン・ドメに出品。1993年、桜井孝身・中村順子二人展(福岡市美術館)/1998年、あきる野芸術祭招待展。/2001年、桜井孝身・中村順子二人展(ギャラリーグランパリ・パリ)。

絵描きは駆ける

四六判 上製/224頁
定価 2160円(本体2,000円)
ISBN 978-4-86656-044-1
C0095
2019年2月発行

キーワード: ,
カテゴリー: 美術
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合送料は、税別合計価格5000円未満は一律300円、5000円以上は無料にてお送りいたします。