戦後民主化と教育運動

憲法と教育基本法が生まれた頃

子どもたちを再び戦場に送らないために。戦後改革押しつけ論の背景にある「聖戦」史観の誤りを正し、敗戦後、民主化をめざして再建された労農運動や教師を始めとする民主教育を守り育ててきた人々の運動を跡づける。

著者略歴
大瀧 一
オオタキ・ハジメ

戦後民主化と教育運動

四六判 並製/182頁
定価 1620円(本体1,500円)
ISBN 978-4-87415-601-8
C0036
2006年11月発行

キーワード:
カテゴリー: 教育
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします