ジャンル:教育一覧
  • 小中学生が通う・現代版松下村塾のつくりかた
    小中学生が通う・現代版松下村塾のつくりかた
    田中 正徳 [著]
    受験合格を競う塾が多数を占めるなか、「なぜ学ぶのか」という学習の原点を見つめ、パソコンでの学習を取り入れ「自らから学ぶ」学習法で注目を集め、全国に百四十余のFCを展開する「ショウイン式」学習塾。その「理念」と手法を明かす。 松陰は、塾生たちの長所を伸ばしていく方法として、現代流にいえば「コーチ…
    • 四六版判 上製/200頁
    • 定価 1620円(本体1500円)
    • ISBN 978-4-87415-959-0 C0037
    • 2015年9月発行
  • 15歳までの必修科目
    15歳までの必修科目
    高木 清 [著]
    「学ぶこと」の先にある「生きること」 学校の教育は、「働くこと」「生きること」を意識したリアリティある授業をどこまで展開できているだろうか。少年犯罪・おちこぼれ・学級崩壊から授業展開の悩みまで、現場に即した具体的な例を挙げ、制度改革を含めた教育再生を提言する。 少年鑑別所における矯正現場のプ…
    • 四六判 並製/192頁
    • 定価 1728円(本体1600円)
    • ISBN 978-4-87415-915-6 C0036
    • 2014年9月発行
  • 国際化拠点大学における英語教育のニーズ分析とカリキュラム開発
    国際化拠点大学における英語教育のニーズ分析とカリキュラム開発
    津田 晶子 [著]
    日本の大学英語教育のカリキュラム開発に資するため、九州大学全学教育、およびその学生、卒業生を主な研究対象とし調査を実施、分析し、日本の大学英語教育をとりまく状況と大学卒業後の英語ニーズの現状について提言を行うものである。(本文要旨より)
    • A5判 並製/238頁
    • 定価 2700円(本体2500円)
    • ISBN 978-4-87415-831-9 C0037
    • 2011年11月発行
  • 11時2分のメロディー
    11時2分のメロディー
    山川 剛 [著]
    いま長崎市では、毎朝、原爆資料館からオルゴール音で11時2分にメロディーが流されている。毎月9日には、市の防災行政無線からそのメロディーが市内全域に流されてもいる。「長崎を最後の被爆地に」するための、日々の営みとしての「11時2分のメロディー」は、そもそもどのような経過をたどって鳴らされるようになっ…
    • A5判 並製/84頁
    • 定価 1028円(本体952円)
    • ISBN 978-4-87415-772-5 C0036
    • 2010年4月発行
  • 福岡県地理教育実践史 戦前編
    福岡県地理教育実践史 戦前編
    祇園 全禄 [著]
    戦前期にも「社会を科学する」児童はいた。「教育県」と謳われた福岡県において、明治・大正期に行われていた初等地理教育の実践の中に、科学的な社会認識形成の萌芽・胎動が存在していた。『福岡県教育会々報』、『大牟田市案の教育』他、貴重な資料を精査・駆使し、「社会科教育における戦前・戦後の断絶」という定説に挑…
    • A5判 上製/569頁
    • 定価 8100円(本体7500円)
    • ISBN 978-4-87415-746-6 C3037
    • 2009年11月発行
  • センセイ、ハタ アル?
    センセイ、ハタ アル?
    山川 剛 [著]
    チョン・ジンソク君は、1年生の3学期に、父親の転勤でソウルから長崎にやってきた韓国の男の子。4年生になったチョン君。「センセイ、ハタ アル?」と私に尋ねました。ハタ?あ、そうか運動会の万国旗のことだ!運動会の万国旗の中に、自分の国の旗があるか気になっていたのです。「そりゃああるさ、だってお隣の国だも…
    • A5判 並製/104頁
    • 定価 1028円(本体952円)
    • ISBN 978-4-87415-652-0 C0037
    • 2007年9月発行
  • 大学歳時記
    大学歳時記
    山田 耕路 [著]   渡辺 哲司 [著]
    九州大学の教育業務を総覧。教育担当副学長が1年間に実施した教育業務を月別に提示。さらに組織、教育、修学支援を項目別に示し学生が最も苦手とする表現活動の考察とAO入試をめぐる課題を提起する。大学教育業務担当者必携の書
    • A5判 並製/236頁
    • 定価 2160円(本体2000円)
    • ISBN 978-4-87415-645-2 C0037
    • 2007年8月発行
  • がまだサンバ!
    がまだサンバ!
    久米 智順 [著]
    「子どもたちが確かに変わった!」たぬき先生担当クラスの感動体験。「人としていかに生きるか」を問いかけ、「心を育てること」を教育の原点としてきた中学校教師が、28年間にわたり書き綴ってきた学級通信や部活の通信から約90本おメッセージを精選。
    • A5判 並製/206頁
    • 定価 1620円(本体1500円)
    • ISBN 978-4-87415-622-3 C0095
    • 2007年2月発行
  • 自分を護る力を育てる
    自分を護る力を育てる
    宇都宮 英人 [著]
    自分を護るとは、どんなことか過剰な暴力的対応に潜む、現代人の身体性の喪失、人間関係の未熟さ。身体的・言語的コミュニケーション能力を訓練して、自分を護ることを習得する。被害者にも加害者にもならないために。
    • 四六判 並製/172頁
    • 定価 1512円(本体1400円)
    • ISBN 978-4-87415-616-2 C0037
    • 2007年3月発行
  • 天皇制国家主義教育から平和教育
    天皇制国家主義教育から平和教育
    梶村 晃 [著]
    かって、学校教育が戦争への道を担っていた。なぜ、教育は戦争への道を歩んだのか。戦後平和教育の意義と限界を明らかにし、教育が再び戦争を担う「人的資源」づくりとならないために、何をなすべきかを問う。戦争というおろかな過ちを繰り返さないために。「今や、戦争非体験のその大人が主体となり次世代に「戦争を語り継…
    • 四六判 並製/307頁
    • 定価 1620円(本体1500円)
    • ISBN 978-4-87415-605-6 C0037
    • 2006年11月発行
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします