若き日の末松謙澄

在英通信

明治期第一級の政治家であり、『源氏物語』初の英訳出版、『防長回天史』執筆で知られる末松謙澄の若き日を、留学生時代の家族宛の新発見書簡(16通)を中心に跡づける。

著者略歴
玉江 彦太郎
タマエ・ヒコタロウ

若き日の末松謙澄

四六判 上製/230頁
定価 2935円(本体2,718円)
ISBN 978-4-87415-007-8
C0021
1992年1月発行

キーワード:
カテゴリー: 歴史・民俗
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします