英語で楽しむ福岡の郷土料理

Recipes of Fukuoka
申し訳ございません、品切れです

福岡県の郷土料理のレシピを日英併記で紹介。外国人の方、英語を学ぶ方、伝統料理を楽しみたい方、すべての人に福岡の「うまかもん」をお届けします。「福岡の食文化をこよなく愛する大学教員3人が集まって、四季折々の福岡の『うまかもん』を紹介する本を作りました。〔略〕お料理が初めての人でも取り組むことができるよう、段階を追って手順を説明しました。〔略〕料理を楽しみながら、英語と日本語のコミュニケーションのツールとしてこの本を役立てていただくこと、それが私たちの願いです」(Prefaceより)

著者略歴
津田 晶子
ツダ・アキコ
博士(比較社会文化)、Master of Education in TESOL(英語科教授法)。百道中学校、修猷館高校、九州大学を卒業後、外資系航空会社地上職、ビジネス翻訳業を経て大学英語教員に。中村学園大学短期大学部で専任講師を務め、九州大学、西南学院大学では実務翻訳、教職科目などを指導。英国レディング大学客員教授(2013年度)。好きな福岡の食べ物は、母の作る博多雑煮とあまおう。ラーメンはバリカタ。
松隈 紀生
マツクマ・ノリオ
管理栄養士、専門調理師(西洋料理)。中村学園大学家政学部管理栄養士専攻を卒業後、イタリア、フランスにて調理研修。現在、中村学園大学短期大学部食物栄養学科教授。共著に『アクロス福岡文化誌2ふるさとの食』(海鳥社)、『基礎と応用の調理学実習』(講談社)など。料理雑誌での執筆、テレビ出演多数。
トーマス・ケイトン
トーマス・ケイトン
英語教育学修士。英国ドーセット生まれ。ロンドン大学キングスカレッジを卒業し、レディング大学で修士号(TEFL)を取得後、来日。東京での航空会社勤務を経て、現在、福岡在住13年、中村学園大学短期大学部で英語講師を務める。好きな日本料理は寿司と伝統的な鍋料理。
目次

はじめにPreface
だしの基本The basics : How to prepare dashi stock
ご飯の基本The basics : How to prepare rice
春Spring
ちらし寿司とハマグリの吸い物Garnished Sushi & Hamaguri Clam Soup/あぶってかもFried Damselfish/タイ飯Rice with Sea Bream
夏Summer
アジの博多おしHakata-style Pressed Mackerel Sushi/サザエご飯Cooked Rice with Turban Shells/柳川鍋Yanagawa-style Nabe
秋Autumn
ごまサバ茶漬けBoiled Rice with Sesame-flavored Mackerel/カマスの姿鮨Barracuda Stuffed with Sushi Rice/くつぞこの煮つけSimmered Sole
冬Winter
もつ鍋Beef Offal Hot Pot/鶏ちりChicken Hot Pot/水炊きChicken-broth Hot Pot
調理・食材単語リストGlossary
(一部抜粋)


英語で楽しむ福岡の郷土料理

B5判 並製/79頁
定価 1620円(本体1,500円)
ISBN 978-4-87415-732-9
C0077
2009年6月発行

キーワード:
カテゴリー: 生活・実用
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします