病から幸せの道へ

ヘルスアート療法体験集
うつ病、パニック障害、完全脱毛、動眼神経麻痺などが治った……。 お手玉をすると治る……。「病気の出口より健康の入り口へ」そして「脳を整えて、心を整えること」が大切とするヘルスアート療法の実践集。
著者略歴
中原 和彦
ナカハラ・カズヒコ
1943年、大分県に生まれる。1968年、熊本大学医学部卒業。医学博士。熊本大学産婦人科講師、NTT西日本九州病院産婦人科部長などを経て、2005年4月より「ヘルスアートクリニックくまもと」を開院。産婦人科関連医学会以外に、日本心身医学会、日本行動医学会、日本死の臨床研究会などに所属。現在、日本心身医学会功労会員、日本お手玉の会顧問、NPO法人 子どもの脳・心・生命を守る会理事長、などで活躍中。
目次

出版に寄せて
はじめに
〈ヘルスアート医療とは〉
なぜヘルスアート医療なのか
ヘルスアート医療の実際
〈妊娠・出産・育児の課題を乗り越える〉
うつ病を克服し、結婚・出産・子育てへ
産後うつ、児童虐待などで悩む方へ
産後うつ病と音楽
言葉はとても素晴らしい、美しいもの
ヘルスアートは子どもの脳を守る
五十代の子育て奮闘記
医師からのアドバイス1
〈精神疾患からの脱出〉
見栄っ張りを減らして真の自立を
自分が主役になることの難しさを感じた
お手玉・呼吸法に出会えて
ヘルスアートの展開 ヨーヨーお手玉ダンス
自分と向き合う ヘルスアート医療の特徴
医師からのアドバイス2
〈難病と闘う〉
急に目がつぶれ、両眼瞼けいれん(Meige症候群)
完全脱毛とヘルスアート
東日本大震災のテレビニュースで動眼神経麻痺
学会で報告された北川詩子さんの症例
亡き詩子ちゃんへ、今、想うこと
医師からのアドバイス3
〈ヘルスアートカプセルを利用して〉
ヘルスアートカプセルで退行催眠
ヘルスアートカプセルで体外離脱
医師からのアドバイス4
〈解離性同一性障害の統合(治癒)〉
解離性同一性障害について
解離性同一性障害の統合(治癒)の体験
原稿を読んでの感想
医師からのアドバイス4

あとがき


病から幸せの道へ

四六判 並製/220頁
定価 1620円(本体1,500円)
ISBN 978-4-87415-890-6
C0077
2013年8月発行

キーワード:
カテゴリー: 文学・記録
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします