じいちゃんの青春

戦争の時代を生きぬいて
戦争の時代をどう生きたのか。 第二次世界大戦が終わる1年前に召集、中国へ。ただただ歩く、歩く。疲労と飢えで次々と亡くなっていく同期兵たち。ひたすら逃げ回る戦争、敗戦。戦後の混乱の中でひたすら生きてきた90歳がいま、思うこと。娘が孫世代におくる聞き書き。 「じいちゃん」こと秋月定良は私の父です。 父にとっての戦争は、空腹との戦いのようでした。明日食べるものがあるかどうかの不安をいつも抱え、移動するにしても行く先も知らされず、ともかく列車に乗り、船に乗り、貨車に乗り、1日40キロ歩くという話しでした。 中国人の農家から食糧を盗んで飢えをしのぎ、雨に濡れたら濡れたまま歩き続け、入浴も洗濯もない不潔で不衛生、不快な環境で過ごすしかなかったという辛く、情けない話しです。 空腹による栄養失調と疲労で多くの戦友が亡くなり、出発時は60名以上いた同期の中で、生きて帰国できたのはわずか10名位だったという悲惨な話しでもあります。(本書「はじめに」より)
著者略歴
秋月 枝利子
アキヅキ・エリコ
福岡県に生まれる。フードサービス業、人材派遣業の営業、教育担当を経て社員教育コンサルタントになる。「良い仕事は良い人生につながる」をモットーに、接遇教育、ホスピタリティ教育、管理者教育など幅広い人材育成を実施する。著書に『40歳を過ぎたら考えたい 快適な老後のための7つのヒント』海鳥社、2002年『ユニバーサルサービス検定試験テキスト』(ホスピタリティの定義、ユニバーサルデザイン、ユニバーサルサービスの実践を執筆)社団法人公開経営指導協会(共著)がある。現在、有限会社秋月オフィス代表取締役。

じいちゃんの青春

四六判 並製/202頁
定価 1512円(本体1,400円)
ISBN 978-4-87415-913-2
C0095
2014年7月発行

キーワード:
カテゴリー: 文学・記録
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします