豊島与志雄 童話の世界

西洋民話と日本民話の融合と再生。豊島与志雄の童話を読み解く。「レ・ミゼラブル」などフランス文学の翻訳者であり、「赤い鳥」の童話作家だった豊島与志雄。戦前、戦後にかけ100編以上の童話を残し、自由と自然への讃歌に満ちた豊島与志雄の童話とは。

著者略歴
中野 隆之
ナカノ・タカユキ
1955年福岡県生まれ。1978年國學院大学文学部文学科卒業。同年福岡県の県立高校国語科教諭となり、現在に至る。宮沢賢治学会会員。宮沢賢治個人研究誌「黒葡萄」主宰。著書に『宮沢賢治童話作品論集』(葦書房、1996年)がある。
目次

はじめに
第1章豊島与志雄童話の世界
豊島与志雄童話の源泉
豊島与志雄童話の分類
豊島与志雄童話を分類する
豊島与志雄童話一覧表
第2章豊島与志雄作品考
豊島与志雄と民話
キンショキショキ
天下一の馬
正覚坊
ひれふる山救はれた
花ちゃん
豊島与志雄童話とフランス民話
参考文献
略年譜
あとがき
索引
(一部抜粋)


豊島与志雄 童話の世界

四六判 並製/174頁
定価 1620円(本体1,500円)
ISBN 978-4-87415-455-7
C0095
2003年9月発行

キーワード:
カテゴリー: 文学・記録
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします