先生!もっと子供を叱れ

私の体験的教育論

教育のなかに規律と厳しさを!ボンクラで、怒られてばかりの小学生時代、動員と奉仕活動の工業高校時代、戦中、戦後の混乱のなかの教育と、30数余年の教師時代を振り返り、現在の教育が取り戻すべきものはなにかを考える。「誰が先生か生徒か分からないような、教師と子供たちの今日の雰囲気を、今からでも少し考え直していただきたいと思っています。先ほどの若い先生も、厳しい先生になることを期待しています。(略)私は自分の教師としての経験から、少々の厳しさは本人の為になると確信しています。親からうちの子供に対し厳しいとか、叱られたとか、多少文句を言われても、信念をもち『黙っとけ!』と言ってはね返すぐらいの覚悟が必要なのではないでしょうか。」(「はじめに」より)

著者略歴
北島 進
キタジマ・ススム

先生!もっと子供を叱れ

四六判 並製/144頁
定価 1404円(本体1,300円)
ISBN 978-4-87415-582-0
C0037
2006年5月発行

キーワード:
カテゴリー: 教育
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします