異郷の炭鉱(やま)

三井山野鉱強制労働の記録

中国、朝鮮半島における国家ぐるみの労働者狩り、炭鉱での過酷な強制労働、闘争、虐殺、そして敗戦。元炭鉱労務係、特高、捕虜らの生々しい証言と手記に加え、焼却処分されたはずの幻の収容所設計図を初めて公開する。

著者略歴
武富 登己男
林 えいだい
ハヤシ・エイダイ

異郷の炭鉱(やま)

B5判 並製/274頁
定価 3888円(本体3,600円)
ISBN 978-4-87415-287-4
C0036
2000年1月発行

キーワード:
カテゴリー: 文学・記録
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします