冬銀河

増補 麦村朝日俳壇入選句集
著者略歴
小野 麦村
オノ・バクソン
本名・小野温(おの・あつし)。大正5年8月、福岡県柳川に生まれる。中学(傳習館)時代に俳句に興味を持ち、「ホトトギス」を読む。東京の学生(早大)時代に郷里の先輩北原白秋に度々接し、感銘を深くする。この頃、白秋詩集を耽読し、特にその童謡に魅かれる。早大卒業後、淮南炭鉱株式会社(中国・安徽省)勤務。大東亜省(東京)に出向するも兵役により中国大陸を転戦し、敗戦により軍事捕虜となり、ソビエト聯邦ウズベク共和国のチュアマ収容所に3年間の抑留生活を送る。帰還後、松島炭鉱株式会社(大島鉱業所・池島鉱業所)勤務。その後、東京にて日経連(日本経営者団体連盟)勤務。会社顧問等を歴任。平成元年6月、東京の勤務を退職し、郷里福岡県柳川の実家に帰る。著書に『パミールの思い出』『カザツク部落紀行』『随筆・夜風の秋』、また作詞に「池島音頭」、「別府湯祭りの歌」、「看護婦寮歌・白菊讃歌」等がある。
目次

題字小野南枝
はじめに
「麦村」ガンバレ 森永種夫
麦村さんと朝日俳壇 濱川博
冬銀河 麦村朝日俳壇入選句集
後記


冬銀河

四六判 上製函入/164頁
定価 1944円(本体1,800円)
ISBN 978-4-87415-288-1
C0092
1999年10月発行

キーワード:
カテゴリー: 詩・短歌・俳句
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします