そして、生きた

ガダルカナル作戦、インパール作戦からの帰還

ガダルカナル島からインパール作戦へ。昭和17年9月、ガダルカナル島奪還のため敵前上陸するも、右足を負傷。病に倒れた初年兵を連れ、敵の攻撃をかいくぐりながら、飢えの島から奇跡的に生還。しかし、次の戦場であるインパール、コヒマへの進撃命令が下される。ビルマ最大の河・イラワジ河での追撃阻止戦で両足を負傷。風雨にさらされ白骨化した死体が横たわる白骨街道を飢えに耐え、足を引き摺り、生きて帰るためにただひたすらに歩く。戦争体験者の壮絶な手記。

著者略歴
小島 正一
コジマ・ショウイチ

そして、生きた

A5判 並製/256頁
定価 1728円(本体1,600円)
ISBN 978-4-87415-822-7
C0095
2011年8月発行

キーワード:
カテゴリー: 社会
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします