改訂版

明智光秀転生

逆賊から江戸幕府黒幕へ

信長に叛いた戦国随一の知将・明智光秀の波乱に満ちた生涯に迫る!明智光秀・天海僧正同一人物説に基づき、「三日天下」後の足跡にを追う。光秀はなぜ信長を裏切ったのか?本能寺の変の真相と、敗将から江戸幕府の黒幕・天海大僧正となり、争乱のない天下の実現をめざして勢威をふるった人物の生涯を辿る。

著者略歴
伊牟田 比呂多
イムタ・ヒロタ
公務員、社会福祉事業団理事長を経て執筆生活へ入る。西郷南洲顕彰会専門委員、鹿児島県史談会会長、明治維新史学会会員、歴史研究会会員主な著書に『幕府挑発 江戸薩摩藩邸浪士隊』『征韓論政変の謎』『城山陥落 西郷死して光芒を増す』(いずれも海鳥社刊)
目次

まえがき
謀叛
孤軍奮闘
落武者
山岳修験者
秀吉の狙いは
豊臣の天下
再会と別れの哀しさ
天下分け目の戦
天海追い落とし騒動
波瀾の幕開け
大御所側近と将軍側近の暗闘
大坂城攻略
三代将軍お世継騒動
日光山明智平
暗闘の報復
東の比叡山創建
幕府と朝廷・寺院の対立
大秘法封印
あとがき
改定版の発行によせて
参考文献


明智光秀転生

四六判 並製/272頁
定価 1728円(本体1,600円)
ISBN 978-4-87415-821-0
C0093
2011年6月発行 改訂版

キーワード:
カテゴリー: 歴史・民俗
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします