福岡空襲とアメリカ軍調査

アメリカ戦略爆撃調査団聴取書を読む

アメリカ軍は、敗戦2カ月後に戦時下の市民生活、空襲への対応、時の政府に対する反応、進駐軍の政策、さらに天皇制を含む日本の進路について意見聴取を行った。福岡市民74人は、戦争、占領をどう考えていたか - 。

著者略歴
アメリカ戦略爆撃調査団聴取書を読む会
アメリカセンリャクバクゲキチョウサダンチョウシュショヲヨムカイ

福岡空襲とアメリカ軍調査

A5判 並製/362頁
定価 2700円(本体2,500円)
ISBN 978-4-87415-237-9
C0036
1998年6月発行

キーワード:
カテゴリー: 社会
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします