走り続けた六十年

福岡の町の発展とともに。1954年、天神の一角に天を突くように現れた西日本ビル。それは、福岡財界の期待を一身に担ったテナントビルであり、町の復活の象徴でもあった。開業までの道のり、そして、その後の町の発展。終戦直後から現在まで町を見守り続けた著者が、自分の道を信じ、疾走した年月を綴る。

著者略歴
勝野 高成
カツノ・タカシゲ

走り続けた六十年

B6判 上製/222頁
定価 1543円(本体1,429円)
ISBN 978-4-87415-629-2
C0095
2007年3月発行

キーワード:
カテゴリー: 社会
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします