キーワード:, , 一覧
  • 天主堂二人の工匠
    天主堂二人の工匠
    示車 右甫 [著]
    天主堂を手がけた二人の建築家の生涯に迫る 大浦天主堂やグラバー邸を建設し、高島炭坑や端島の開発にも関わった小山秀之進。青砂ヶ浦教会をはじめ、浦上天主堂など、多くの天主堂を手がけた鉄川与助。日本の文化遺産に大きな足跡を残した二人の生涯を描く歴史小説。
    • 四六判 上製/280頁
    • 定価 1944円(本体1800円)
    • ISBN 978-4-87415-990-3 C0093
    • 2016年12月発行
  • 古写真で読み解く福岡城
    古写真で読み解く福岡城
    後藤 仁公 [著]
    明治初期から戦前までの秘蔵写真に見る櫓と門。 明治維新や戦争により姿を消した建造物が、往時の面影を伝える絵葉書や古写真で甦る。古写真の撮影位置を推定し、現況写真も掲載。さらに、古地図や鳥瞰図から市民の憩いの場となるまでの変遷も辿る。福岡城めぐりに役立つ1冊! ■城内の建造物 松木坂御門…
    • A5判 並製/144頁
    • 定価 1944円(本体1800円)
    • ISBN 978-4-87415-945-3 C0021
    • 2015年6月発行
  • 風流暮らし
    風流暮らし
    福永 博 [著]   田村 理恵 [著]
    福岡で最も美しい通りとされる「けやき通り」。その町づくりを手がけた建築家は、週末、佐賀県・三瀬村の築120年の古民家で過ごす。1日の始まりは七輪での炭おこし。掃除をし、湯を沸かして茶を入れる。友人たちを出迎えて里山を散策、季節の移ろいを楽しむ。そして、そこに彩りと深みを加える生け花。人生を豊かにする…
    • A5判 並製/128頁
    • 定価 1836円(本体1700円)
    • ISBN 978-4-87415-870-8 C0097
    • 2012年12月発行
  • 超高層から茅葺きへ
    超高層から茅葺きへ
    井川 聡 [著]
    日本の風景を守り次世代に継承するために。霞ヶ関ビルをはじめ、京王プラザホテル、新宿三井ビルなど、日本の高層建築の黎明期をリードしてきた池田武邦。ある雪の日を境にハウステンボス、アクロス福岡など自然の摂理に従った建築へと180度の方向転換をする。池田は何を見つめ、何と戦ってきたのか?
    • 四六判 上製/298頁
    • 定価 2484円(本体2300円)
    • ISBN 978-4-87415-842-5 C0095
    • 2012年4月発行
  • The Underground Dam
    The Underground Dam
    古川 博恭 [著]   黒田 登美雄 [著]
    新たな水資源開発として注目される地下ダムのすべてを明示した体系的な英訳出版物。地下ダムはには1) 砂漠や隆起サンゴ礁など、水がないところで水資源開発ができる。2)地震・津波などの影響を受けにくく、自然災害に強い。3)現在の地上部分の土地利用や自然環境を変える事がない。4)短期間の工期と経済性に優れた…
    • B5判 上製/810頁
    • 定価 36720円(本体34000円)
    • ISBN 978-4-87415-824-1
    • 2011年10月発行
  • 家庭に不和が生まれるのは、住まいの設計思想にある
    家庭に不和が生まれるのは、住まいの設計思想にある
    北島 進 [著]
    教育を住宅から考える子供時代を過ごした家、教師時代を振り返りながら、子供たちの不登校やニートの発生など、家庭の不和を住まいのあり方から考える。住宅に必要なものはなにか。私の自伝的住まい論。
    • 四六判 並製/149頁
    • 定価 1404円(本体1300円)
    • ISBN 978-4-87415-676-6 C0095
    • 2008年3月発行
  • 蓮華院誕生寺 五重塔
    蓮華院誕生寺 五重塔
    永石 秀彦 [撮影]
    「伝統をふまえながらも、現代の五重塔として新たな試みを加える工夫を」遥かな未来に向けた、大いなるメッセージ。五重塔現代の日本木造建築の技術は五重塔をどう建立したのか。五重塔建立の過程を克明に記録する。
    • B4変判 上製/120頁
    • 定価 7020円(本体6500円)
    • ISBN 978-4-87415-423-6 C0072
    • 2003年4月発行
  • 芝居小屋 八千代座
    芝居小屋 八千代座
    永石 秀彦 [著]
    湯の町・山鹿に1910年建設、江戸時代の歌舞伎小屋の様式を受け継ぎつつ、随所に西洋建築の利点を取り入れた、国指定重要文化財八千代座。多くの役者や音楽家に、八千代座ファンに、そして地元の人々に愛され続けてきた芝居小屋が、5年にわたる修復期間を経て現代に甦る。気鋭の写真家による入魂のオールカラー写真集 …
    • B5変横判 上製/96頁
    • 定価 3780円(本体3500円)
    • ISBN 978-4-87415-366-6 C0072
    • 2001年10月発行
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします