キーワード:, 一覧
  • 絵描きは駆ける
    絵描きは駆ける
    中村 順子 [著]
    桜井孝身と歩んだ道 1969年、九州派のリーダー桜井孝身と出会う、新しい環境を求めサンフランシスコへ。さらにパリに。30年のフランスでの作家活動など、桜井孝身と共に描き、生きてきた50年に及ぶ絵画人生を綴る。 私は、桜井と一九六九年から半世紀にわたり、画家としての生活を、ともに生きてまいりま…
    • 四六判 上製/224頁
    • 定価 2160円(本体2000円)
    • ISBN 978-4-86656-044-1 C0095
    • 2019年2月発行
  • 九州仏像史入門
    九州仏像史入門
    井形 進 [著]
    奈良や京都、鎌倉とは異なる魅力をもつ古物の宝庫・九州。ここでは大陸からの影響、都からの影響、そして在地の伝統が混ざり合い、個性豊かな仏像たちが誕生してきた。 主に仏教伝来から鎌倉時代にかけて、その歴史を優しく、詳しく解説する。 (※用語解説や年表も収録)
    • A5判 並製/232頁
    • 定価 2376円(本体2200円)
    • ISBN 978-4-86656-039-7 C0071
    • 2019年2月発行
  • 芝居小屋から
    芝居小屋から
    武田 政子 [著]   狩野 啓子 [編]   岩井 眞實 [編]
    芝居小屋からみた博多演劇史。 3代続いた芝居どこ(芝居小屋)との関わりを通し、明治・大正・昭和の博多の演劇を綴る。芝居小屋の空気、興行の仕方、劇場の変遷、芝居の面白さ……。時代と芝居を切り結ぶ貴重な証言。
    • 四六判 上製/246頁
    • 定価 2700円(本体2500円)
    • ISBN 978-4-86656-028-1 C0095
    • 2018年6月発行
  • 美術工作者の軌跡
    美術工作者の軌跡
    今泉 省彦 [著]   照井 康夫 [編]
    戦後美術の高揚と混迷の中で〈画を描かない実作者〉を自らに課した絵描きの軌跡 戦後アヴァンギャルドの時空をキャンバスとして、下地となる言葉を塗り込んでゆく。読売アンデパンダン終焉の現認報告者にしてHRC(ハイレッド・センター)結成の仕掛け人……、「自立学校」から「美学校」への道を駆け抜けた〈棄民〉た…
    • A5判 並製/272頁
    • 定価 2700円(本体2500円)
    • ISBN 978-4-86656-006-9 C0095
    • 2017年6月発行
  • 里のうた
    里のうた
    貞刈 みどり [著]   平岡 浩 [画]
    四季の豊かな自然の営みの中での暮らし 農作業の手触り…… ふるさとの風景に思いを重ねて 戦争、夫のシベリアでの抑留、戦後の困難な生活、決して平穏とばかりは言えない日々を振り返り、身近な自然の小さな営みや子や孫、曾孫への愛情を交え綴った珠玉の随筆集。
    • B5横判 並製/114頁
    • 定価 2160円(本体2000円)
    • ISBN 978-4-87415-993-4 C0095
    • 2016年12月発行
  • 美しき九州
    美しき九州
    益田 啓一郎 [編]
    壮大で優美な九州のパノラマ展覧会。大正・昭和初期の観光黎明期、徹底した現地踏査と写生により、未開の景勝美を鳥瞰図に描き込んだ絵師・吉田初三郎。大胆なデフォルメや遊び心にあふれた独自の作風で観光の楽しさをダイナミックに表現。観光地、都市、温泉、神社、鉄道、港、国立公…。まちなみ観光の原点。
    • B5判 並製/112頁
    • 定価 2484円(本体2300円)
    • ISBN 978-4-87415-716-9 C0071
    • 2009年2月発行
  • ヨーロッパの美しい町並み イングランド・南フランス・ベルギーを訪ねて
    ヨーロッパの美しい町並み イングランド・南フランス・ベルギーを訪ねて
    中村 洋一 [著]
    本書は、画集であると同時に旅行記にもなっています。2004年にイギリス・イングランド地方を車で1カ月間旅したことを始まりに、2005年、南仏コート・ダ・ジュール地方へ、2007年にはベルギーに1軒家を6人で借り、自炊生活をしながら、近隣の町や村をスケッチして巡りました。自然と調和した美しい町並み、古…
    • A4変判 並製/80頁
    • 定価 2700円(本体2500円)
    • ISBN 978-4-87415-702-2 C0071
    • 2008年11月発行
  • 街かど風景
    街かど風景
    友田 健市 [著]
    写真の新たな可能性を拓く。写真にデジタル加工を施し、水彩画タッチに仕上げた「デジタル水彩画」。北九州、博多、倉敷、白川郷、上海など飾らない街の生きている表情を写しとった作品集。
    • A4変判 並製/200頁
    • 定価 3086円(本体2857円)
    • ISBN 978-4-87415-673-5 C0071
    • 2008年4月発行
  • 菊畑茂久馬と〈物〉語るオブジェ
    菊畑茂久馬と〈物〉語るオブジェ
    福岡県立美術館 [編]
    雄弁なオブジェたち反芸術の旗手として活躍した菊畑茂久馬が、「沈黙の時代」に制作した夥しいオブジェ群。この「新たな自然」であり「原器」にして「夜の時間の産物」そして「玩戯」でもある現存するオブジェ100点を収録。制作の〈根底〉と対峙する。「ある日ひょんなことから内部に転がり込んで来た物たちが、肉体の被…
    • B5判 並製/193頁
    • 定価 2376円(本体2200円)
    • ISBN 978-4-87415-656-8 C0071
    • 2007年11月発行
  • 反芸術綺談
    反芸術綺談
    菊畑 茂久馬 [著]
    あの時、ついに芸術は成ったのか?1950年代末から60年にかけて日本列島を駆け抜けた反芸術の嵐は何だったのか。「反芸術の旗手」が九州派、そして自らの芸術活動を振り返る痛烈なるドキュメント。「要するに、これまで芸術を支えてきた理念が、ここ二十世紀も末に至って、とうとう木端微塵に瓦解したと早合点して、そ…
    • A5判 並製/230頁
    • 定価 1944円(本体1800円)
    • ISBN 978-4-87415-644-5 C0095
    • 2007年10月発行
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合送料は、税別合計価格5000円未満は一律300円、5000円以上は無料にてお送りいたします。