キーワード:一覧
  • 遠い雲
    遠い雲
    松下 志朗 [著]
    1933年、鹿児島県志布志町生まれ、鹿児島大学卒業。奄美での教師生活を経て歴史研究を志し九州大学へ。被支配・被差別の視点に立った地域史研究をめざし九州近世史の掘り起こしを押し進めてきた著者の研究史的自叙伝。
    • 四六判 上製/172頁
    • 定価 1980円(本体1800円)
    • ISBN 978-4-87415-472-4 C0095
    • 2004年1月発行
  • 戦場へ行った絵具箱
    戦場へ行った絵具箱
    平松 達夫 [著]
    シベリア抑留。その極限の中で絵具箱に書き留められた12文字の漢字。ここから57点の「シベリア・シリーズ」は生まれた。彼を捉えて放さなかったシベリアとは。香月作品の背後に潜む核心に迫る、初めての評伝。
    • 四六判 上製/239頁
    • 定価 2530円(本体2300円)
    • ISBN 978-4-87415-420-5 C0095
    • 2003年2月発行
  • 夢追い人生
    夢追い人生
    山口 敬司 [著]
    チータいう語り部を得て「人生の応援歌」は、命を与えられた。昭和39年に「涙を抱いた渡り鳥」で歌手デビュー、38年間の芸能人生で多くの節目を迎えた。平成12年5月に長年の夢であった、老人施設「ケアハウス水清庵」を故郷・熊本に完成させた。「夢を見つづけることが生きること」という。その「夢・人生」は、多く…
    • 四六判 並製/226頁
    • 定価 1650円(本体1500円)
    • ISBN 978-4-87415-389-5 C0095
    • 2001年4月発行
  • 父の遺稿
    父の遺稿
    高橋 甲四郎 [著]
    日本の敗戦後、朝鮮半島から引き揚げてきて急死した父。あとに残された膨大な遺稿を、30年に及ぶ苦闘の末、ついに刊行させた息子の不屈の半生を描く。朝鮮半島の農業研究に生涯をかけた父と、その息子の物語。
    • 四六判 並製/184頁
    • 定価 1650円(本体1500円)
    • ISBN 978-4-87415-360-4 C0095
    • 2001年8月発行
  • 蜻蛉の夢
    蜻蛉の夢
    池田 龍雄 [著]
    戦争の時代を予科練・特攻隊員として過ごし、終戦後、絵画への道を目指す。アバンギャルド研究会で花田清輝、岡本太郎、安部公房、武満徹らと交流。美術の前提として活躍する著者の自伝的絵画論。
    • 四六判 上製/226頁
    • 定価 2420円(本体2200円)
    • ISBN 978-4-87415-300-0 C0095
    • 2000年1月発行
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合送料は、税別合計価格5000円未満は一律300円、5000円以上は無料にてお送りいたします。