遠い空

國分直一、人と学問

日本を代表する民族学者・國分直一の生涯。植民地時代の台湾に始まり、戦中戦後の混乱期を経て96歳で没するまで、東シナ海を巡る総合的先史学の構築に情熱を傾け、考古学・人類学・民族学・民俗学の各分野に多大な影響を与えた國分直一。台湾時代の同人誌に掲載の半生記を中心にした自伝と、興味深いエピソードがちりばめられたインタビューから見えてくる、その人柄と学問世界。序文=金関 恕(天理大学名誉教授)

著者略歴
安渓 遊地
アンケイ・ユウジ
1951年、富山県に生まれる。1980年、京都大学大学院理学研究科単位取得退学。沖縄大学、山口大学教養部、山口女子大を経て、1996年より山口県立大学教授。京都大学理学博士。20年来、山村に暮らして半農半Xの境地を追求中。
平川 啓治
ヒラカワ・ケイジ

遠い空

A5判 上製/314頁
定価 3456円(本体3,200円)
ISBN 978-4-87415-567-7
C0095
2006年3月発行

キーワード:
カテゴリー: 文学・記録
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします