天草回廊記

隠れキリシタン

天草の乱以後のキリスト教徒たちの姿を探る。天草の乱の約100年後の文化年間、大江村2132人。崎津村1710人。今富村1047人、高浜村316人の隠れ切支丹が発覚。幕府、島原藩はこの取り締まりに苦慮。四カ村5千人あまりの信者を「隠れキリシタン」として処罰することをためらい、「心得違い」として扱うのだがー。

著者略歴
示車 右甫
ジシャ・ユウホ
1931(昭和6)年、福岡県に生まれる。1950(昭和25)年、福岡市立博多工業高等学校卒業。2004(平成16)年、東福岡信用組合退職。
目次

序章
予兆
発端
吟味
ひさ女独白
今富村
大江村
高浜村
崎津村
嘆願書
ひさ女再白
処分
庄屋排斥
強訴
異安心
牛死事件
開国
復活
大江天主堂
終章
参考文献


隠れキリシタン

四六判 上製/442頁
定価 2160円(本体2,000円)
ISBN 978-4-87415-849-4
C0093
2012年5月発行

キーワード:
カテゴリー: 歴史・民俗
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします