末永節遺稿集 無庵放談

末永節、革命家にして浪人! 宮崎滔天と意気投合、孫文と黄興を結び、中国革命へと奔走。武昌革命に参加し、辛亥革命を闘う。後、混迷するアジアの救済を唱え、満蒙・シベリア地域に一大自由国「高麗国」の建設を目指し、「肇国会」を結成。91年の生涯を「浪人」として生きた末永節のすべて。編者による「聞書」「日清戦争従軍記」「政治論集」「詩歌と筑前琵琶」を収録
著者略歴
浅野 秀夫
アサノ・ヒデオ
大正12(1923)年1月29日、中国・大連に生まれる。昭和17(1942)年4月、中央気象台付属気象技術官養成所専修科入学。南洋庁委託学生。昭和19年4月、中央気象台気象技術科本科入学。昭和20年3月、卒業。福岡気象台勤務、中央気象台定点観測船凌風丸、新南丸、鵜来丸、生名丸の乗船勤務などをへて、昭和32年4月、中央気象台を退職し進藤一馬秘書となる。昭和33年5月、進藤一馬先生衆議院議員に当選し議員秘書となる。昭和38年、進藤一馬秘書を辞職。平成17(2005)年、玄洋社記念館館長。平成27年6月、玄洋社記念館館長を退く。
目次

思い出すままに 浅野秀夫
聞書 末永節 無庵放談
処士の道/肇国会/袁世凱/満洲国/黄興と相知る/第一革命一番乗り
黄興と孫文の出会い その一/革命の旗
日清戦争従軍記者/汪精衛/章太炎と黄興の息子
革命の歌/筑前琵琶/宮崎寅蔵/中山博道先生
頭山先生/黒田武士/初飛行/平岡浩太郎先生
黄興と孫文の出会い その二/「民報」の家探し
モンキー・プレジデント/詩稿/進藤喜平太翁
御聖徳/孫文を激励す/杉山茂丸
神鞭知常/犬養毅
注 聞書 末永節 無庵放談 
 補注 「馬賊に致す書」(「満洲革命宣言書」) 宋教仁
末永節遺稿集
日清戦争従軍記
艦中日記
同人諸君/葉書一片/艦中の閑文字
艦中日記/艦中日録(1)/分捕書類、敵艦の消息
艦中日録(2)/艦中日録(3)/艦中雑記(1)
艦中日録(4)/扶桑百首(上)/冬季碇泊日課
大連湾上の近況/艦中所感/艦中雑記(2)
艦中雑記(3)/艦中日録(5)/艦中日録(6)
艦中日録(7)/艦中日録(8)/艦隊従軍記
上陸異聞/威海衛海戦記(1)/威海衛海戦記(2)
威海衛海戦記(3)/威海衛海戦記(4)
 【附記】正岡子規「末永節書を贈る」
雲濤日録
威海衛の大海戦(一)/威海衛の大海戦(二)
威海衛の大海戦(三)/威海衛の大海戦(四)
威海衛の大海戦(五)/威海衛の大海戦(六)
丁提督の降服
 【附記】「南部重遠氏の渡韓」
政治論集
狼嘯月来信
浪人本義
対支急務意見摘要
中日国民会趣旨書 
政教社訪問記 狼嘯月記
 一 政教社を訪ふ/二 三宅雪嶺氏を其の居に訪ふ
余と朝鮮問題
肇国会創立の大意
杖道教範序
詩歌と筑前琵琶
勅題歌——和歌、漢詩
筑前琵琶
 傑士安永東之助 全/新曲 近江八景

関連略年表
解題 末永節とその時代 横地剛
人名索引


末永節遺稿集 無庵放談

A5判 上製/346頁
定価 3024円(本体2,800円)
ISBN 978-4-87415-970-5
C0021
2016年3月発行

キーワード:
カテゴリー: 歴史・民俗
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします