豊前国英彦山

その歴史と信仰
平安時代後期の弥勒信仰によって英彦山に弥勒浄土の世界を再現するというその理念は、英彦山を一大宗教勢力に成長させた。今日まで続くその歴史をたどり、遺された文化財や自然をカラーで紹介する。天空の宗教都市の全貌。
著者略歴
長嶺 正秀
ナガミネ・マサヒデ
昭和26年(1951)、島根県に生まれる。福岡県苅田町役場に勤務。教育委員会技術技師として文化財の調査、遺跡、古墳の発掘調査に携わる。苅田町教育委員会編『厚葬の時代Ⅰ』(秋の特別展示録、2009年)、苅田町教育委員会編『律令時代と豊前国』(秋の特別展示図録、2010年)などの企画制作を担当。
佐野 正幸
サノ・マサユキ
1953年、福岡県築上郡築城町(現・築上町)に生まれる。福岡県立豊津高等学校(現・育徳館高等学校)、熊本大学卒業、苅田町役場職員として勤務。2012年、退職。若い頃よりカメラに親しむ。
目次

刊行によせて 高千穂秀敏(英彦山神宮宮司)
第一章 豊前国英彦山の環境
英彦山の位置と環境
英彦山・犬ヶ岳山系の地質
第二章 修験の軌跡と彦山の修験道< 修験の成立過程
修験道霊山と弥勒思想
宗教拠点と政治的都市の狭間、その後の彦山
第三章 英彦山の概史
英彦山要録
古代の彦山
鎌倉・室町時代の彦山
彦山と戦国動乱
江戸幕府と英彦山
幕末から明治初期の英彦山
その後の英彦山
第四章 英彦山の遺宝
英彦山の史跡
英彦山の四十九窟と守護神
英彦山四土結界内の建造物を中心として
英彦山の名勝(庭園)
英彦山の宝物と遺宝
英彦山の遺宝が語るもの
英彦山の交流史ー海を越えた交流
第五章 鎮西英彦山の自然遺産
国定公園英彦山・耶馬渓
英彦山の巨樹と名花


豊前国英彦山

A5判 並製/192頁
定価 2160円(本体2,000円)
ISBN 978-4-87415-979-8
C0021
2016年8月発行

キーワード: , , ,
カテゴリー: 歴史・民俗
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします