久留米城とその城下町

約七十年に及んだ城郭整備、
絵図に見る城下町の変遷、
殿様の生活と金銭感覚、
町の運営と町民たちの負担、
領内を代表する二つの祭り、
侍と「町」との衝突……
城郭・城下町の成り立ちとそこに生きた人々の姿を様々な角度から照らしだす
著者略歴
古賀 正美
コガ・マサミ
1952年2月、福岡県八女市福島生まれ。福岡県立福島高等学校卒業。熊本大学法文学部文科国史学専攻卒業。1982年、久留米市役所入所(埋蔵文化財発掘調査員)。2013年、久留米市役所退職(文化財保護課長)。現在、久留米大学非常勤講師、筑後市文化財専門委員会委員、久留米古文書を読む会代表

久留米城とその城下町

A5判 並製/370頁
定価 2592円(本体2,400円)
ISBN 978-4-86656-027-4
C0021
2018年5月発行

キーワード:
カテゴリー: 歴史・民俗
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合送料は、税別合計価格5000円未満は一律300円、5000円以上は無料にてお送りいたします。