古地図の中の福岡・博多

1800年頃の町並み
1枚の絵図には多様な情報が書き込まれている。近世の福岡・博多を描いた代表的な古地図「福岡城下町・博多・近隣古図」をもとに、関連史料と現在の景観を参照しつつ、1800年代から現代に至る町の姿を探る。
原図は223.2×266.5cm、一部には石高や家紋、さらに和歌までが書き込まれている。
図版・写真315点、オールカラー、第5刷
著者略歴
宮崎 克則
ミヤザキ・カツノリ
1959年、佐賀県生まれ。九州大学(総合研究博物館)助教授を経て、西南学院大学(国際文化学部)教授、文学博士。福岡市在住。
著書に『大名権力と走り者の研究』(校倉書房)、『逃げる百姓、追う大名』(中央公論社、2002年)、『九州の一揆・打ちこわし』(海鳥社、2009年)ほか。
福岡アーカイブ研究会
フクオカアーカイブケンキュウカイ

古地図の中の福岡・博多

B5判 並製/152頁
定価 3080円(本体2,800円)
ISBN 978-4-86656-082-3
C0021
2020年9月発行

キーワード: ,
カテゴリー: 歴史・民俗
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合送料は、税別合計価格5000円未満は一律300円、5000円以上は無料にてお送りいたします。