呪詛の時空

宇都宮怨霊伝説と筑前黒田家

天正15年、黒田が豊前に入部するや、各地の豪族が反旗を翻す。黒田は、中津城に和睦した宇都宮鎮房を招き殺害した。すると、宇都宮氏の怨霊が豊前・筑前で跋扈する。宇都宮怨霊伝説とは何か、その発生と流布の根拠に迫る。

著者略歴
則松 弘明
ノリマツ・ヒロアキ

呪詛の時空

四六判 並製/280頁
定価 1944円(本体1,800円)
ISBN 978-4-87415-267-6
C0021
1999年5月発行

キーワード:
カテゴリー: 歴史・民俗
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします