双子として生まれて

親の愛、母の愛とは、絆とは何か?男女の双子として生まれ、時代錯誤な迷信により、生後すぐ他人の手に。幼い頃からの厳しい労働、極貧生活、虐待。しかし、生きる場所はほかにない。どん底の少女時代を乗り越え、成長し、実の親に再会するも。

著者略歴
高野 鶴子
タカノ・ツルコ
昭和27年5月3日(戸籍上、正確には同年4月29日)、八幡市(現・北九州市八幡西区)生まれ。しかし、自分の誕生日を知ったのは、30歳になってからのこと。その間、誕生日のみならず、姓も二転三転し、言葉では言い尽くせない苦労をしてきた。現在、北九州市若松区に在住。
目次

双子として生まれて
小学生の日々
新たな一歩
両親を探して
私が手に入れたもの


双子として生まれて

四六判 並製/216頁
定価 1080円(本体1,000円)
ISBN 978-4-87415-839-5
C0095
2012年2月発行

キーワード: ,
カテゴリー: 文学・記録
お買い物カゴ
小社の書籍は全国の書店でお取り寄せできます。また、小社に直接ご注文の場合は送料無料(小社負担)にてお送りいたします